7/14更新

 

収穫中の野菜と調理について

 

枝豆      今年の1番手。小粒ながら…。鮮度が保たれるのは収穫後3日間ほど。塩ゆでに。

 

紫キャベツ   コールスローやラペ、ピクルスにも。

 

レフォール   フランスのアルデシュ地方のラディッシュ。サラダに酢漬けに、焼いたり汁物に。

 

キュウリ    昔のイボイボの四葉(スウヨウ)と在来種とされる鯵ヶ沢種。

 

ニンニク    在来の兼平種。別名、岩木山ニンニク。自然乾燥中。

 

バジル     炒め物に。パスタに。

 

丸ズッキーニ  やや厚めに切ってソテーが定番。中をくり抜いて詰めものも。 

 

ビーツ     2種類。じっくりホイル焼きや蒸し焼き、スープや酢漬けにも。

 

黒キャベツ   煮崩れない。スープや炒め物に。生なら油と塩などで揉んで。

 

レタス     サラダで。ゴマ油、ニンニクすりおろし、塩か醤油をそれぞれ少量と和える。

 

スイスチャード 栄養価を備えた彩り。酢漬けやソテー、お浸し炒めものに。 

 

まずはシンプルに、ただ蒸したり焼いたり、もしくは生で素材を確かめてみるのもおすすめです。

 

以下、要望があれば応じます。

 

花ズッキーニ  下味を付けたご飯やチーズなどを入れてグリルに。素揚げも◎

 

エゴマ     新芽をサラダに。

 

ミント     ペパーミント、スペアミント、アップルミントの3種類。

 

苺       ワイルドウッドストロベリー種。超絶小粒。

 

小豆      毎年勝手に畑で発芽します。

 

ダウンロード
PDFファイルにて収穫予定をご確認いただけます。
出荷計画表2019.pdf
PDFファイル 83.7 KB