9/16 更新

収穫中の野菜と調理について

 

枝豆 2番手は、津軽地方2年目の越後ハニー。収穫後も呼吸を続ける枝豆は、鮮度が命!即茹で、即蒸し、即焼きに。


オクラ 輪切りが魅力的な太っちょのダビデ種と、トゲが少なくて畑で生でかじれちゃうクレムソン・スパインレス。たまにシルバークイーンやバーガンディといった品種も。


丸ズッキーニ 品種名はロンド・デ・ニース。良い油を用いて焼いて塩。ファルシで食べれる器にも。

 

鯵ヶ沢キュウリ 冷やして食感と香りを楽しんで。ストレスを感じると苦くなるらしい。

 

トマト 生食はもちろん、焼いても。露地栽培中心に変わりました。真っ赤なピエンノロ種、黒く光るはブラックチェリートマト、長形の黄色い縞模様ブラッシュタイガー。

 

水茄子 普通のナスと同じように。どう料理してもジューシー。


ゼブラナス クリーミーな食感のために、焼いて揚げて。

 

ピーマン〜パプリカ 肉厚なトマトフルーツ種と、初栽培のリップスティック種。熟すと抜群な旨さのミニレッドベル。

 

黒キャベツ 煮崩れない。スープや炒め物にも。しっかり加熱向き。

 

ブルーケール 柔らかいところはサラダや軽く加熱して。硬い茎はスープや炒め物に。

 

ビーツ デトロイト・ダークレッド種。ただ蒸したり焼いたり、ピクルスやマリネに。ボルシチに不可欠。


パースニップ 白いニンジンのような。香りと甘みは別もの。


サルシファイ オイスタープラントとも呼ばれる西洋ゴボウ。

 

ジャガイモ グラウンドペチカは、煮崩れしにくく幅広い料理に適応。タワラヨーデルはホクホク系。

 

 

ダウンロード
PDFファイルにて収穫予定をご確認いただけます。
収穫出荷予定2020.pdf
PDFファイル 372.8 KB